フリーエンジニアの確定申告

フリーでWebエンジニアとして仕事をしている方も、小説家として仕事をしている方も、同じ様な収入形態となります。
それは、変動所得というもの。
フリーで仕事をしていると、毎月の収入はバラバラですよね。固定クライアントがおり、毎月同じ仕事をこなしているのであれば、毎月安定した収入を得ることが出来ますが、その都度様々な仕事を受けている方であれば、毎月の収入は大きく変わってくるでしょう。
では、フリーWebエンジニアの確定申告時の収入の特徴について、ご説明しましょう。

収入が安定していないと、「来年は、同じ税金は払えない」と感じている方もいると思います。
Webエンジニアの方も、時には仕事が集中して依頼することもあれば、全く仕事依頼がない時もあると思います。
そのため、今月はかなり大きい収入が入ったけれど、来月は収入の見込みがないという方もいるでしょう。
フリーランスとして仕事をしている方の場合には、お金が入った時には常に「収入ではない」ということを意識しておくことが大切です。

収入というのは、あくまでも所得と経費が合わさったお金のことをいいますから、全て使ってしまうと確定申告時に「支払いが出来ない」ということになってしまいます。
フリーランスの方は、まずは仕事を受ける際委託や請負といった形で仕事を受けていると思いますが、これらの場合には納品し、入金されるまで収入が確定しません。
中には、納品したものが条件に満たないという理由から、支払いが行われないこともあるでしょう。

ということは、仕事が入ったことで、収入を必ず得られるというわけではないということを常に頭に入れ、帳簿などで管理していくことが必要ということ。収入が変動するからこそ、帳簿などでお金の出入りをしっかりと把握しておくことが重要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です